2009年05月29日

血液型

血液型別の本が流行っていますね。

私は、おじいちゃんとおばちゃん、おじさんとおばさん、両親の全員がB型の中に生まれた、超B型です。

だからかはわからないけど、A型が丁寧に話を聞くタイプたったら、超B型の私は、なんとなくアバウトに聞くタイプです。

プラス、浅はかさも加わって、いつも家に帰ってから相手の話してたことを「あっ、今わかった。」と時差ありで理解したりしてしまいます。

カトリックの高校で宗教委員をしていたので、何月に一度、全校生徒の前でお祈りと聖歌をうたうお仕事がありました。

その日も何月かぶりの委員の仕事の日だった。

校長先生の講話が終わると、お祈りするために壇上に登る。

傍にいた教頭先生が私に「▽▲%□◇●◎…」

「えっ?」咄嗟に笑顔で会釈したけど、何言ってんのか全然聞こえなかった;

『おはよう』とかかな?今言わなくてもいいのにな…(・・?)

「今日の聖歌、255番〜。」

〜♪〜♪♪〜♪〜

えっ?!あれ;この歌、私が言った聖歌じゃない!!

チラリー;開いたページと歌が合わないから、全校生徒がバタバタしちゃってるよ;

あぁ、はやく聖歌よ終わってくださいorz

さっき教頭先生きっと「聖歌変わったから」って言ってたんだ。

だよねー、あんなところで『おはよう』なんて言わないよね(´Д`)

なにが一番つらいって、その後だれにも突っ込まれなかったのが悲しい…。

もし私に似た浅はかなB型さんが、何か失敗をしていたら、全力でツッコんであげたいと思った。


posted by 見学奈緒 at 11:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。