2009年07月09日

book

ついこの間まで恋愛を勉強しなければと思って恋愛小説ばかり読みあさっていましたが、
今はすっかり飽きてしまい、最近ではもっぱら趣味の有栖川有栖さんの推理小説と辛酸なめ子さんのエッセイばかり読んでいます。

恋愛小説では、「えっここで急にその展開!?」とか「ここで嫉妬!?」とか自分にない豊かな恋愛感情をいちいち感心しながらメモしたりして疲れましたが、

辛酸さんはやたらスピリチュアル系の横文字が多く、有栖川さんは磊落とか恣意とか読み方も意味もわからない単語が多くて、結局いちいち調べてるのでこっちも疲労倍増です。

けれども、恋愛小説より読みやすく楽しいです。

自虐ネタを次から次から披露される辛酸さんをとても尊敬してはいるのですが、最近辛酸さんのエッセイに共感することが多く、心中穏やかではありません。

類は友を呼ぶのでしょうか?
ふと気付けば、有栖川さんも小説の中で自身をやもめと自虐しているセリフが…。

現実がいくら寂しくても、睡眠中にいい夢を見て気を紛らわせばいいんだと半ば本気で思っていましたが、
よく考えれば人生の3分の1が睡眠中なら3分の2は現実を見なければいけないわけで…。

趣味の小説やエッセイはほどほどにして、ステキな現実を手に入れるべくさっそくイネス・リグロンの「世界一の美女の創りかた」という本を購入したいと思います。


posted by 見学奈緒 at 01:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。