2009年07月17日

スピード

アイスクリーム屋さんでバイトしていた時、夏場は特に混むので何事も“スピード勝負”だった。

接客も、アイスの補充も、笑顔の裏で手と足は常に猛スピードで動かして、時々「イラッシャイマセゴチュウモンオキマリデシタラドウゾー!!」
と、口調まで猛スピードになったりして。

大変だけど夏場の方が時間が経つのが早く感じられて、あっという間に終わるので好きです〜♪

そんなに急がなきゃいけないのは夏場だけなのに、ゆったりと出来る冬場に、一人アツイ男がいた。

バイトの休憩時間は10分と30分で、大概みんな10分休憩のときに一息ついて、30分休憩のときに近くのお店でご飯を食べてきたり、買って帰ったりする。

ある先輩がたった10分の休憩で近くの回転寿司で食事して、
ちゃんと時間通りに戻ってきた。という逸話を聞いたPくんは、

「すげぇ…。」と呟くと、何か目の色が変わったように見えた。

次の日バイト行くと、

P「いまから行くから!計っててね!!」

先輩「わかった。いくよ!よーい、ドンっ!」

―数分後。

P「何分??ハァハァ。」

先輩「5分。」

P「くそー!5分切りたいなぁ!!」


私「・・・なにしてんの??」

先輩「向かいの蕎麦屋で定食食べて何分で戻って来れるか計ってんの。」

私「・・・・・・。」

急いで食べても休憩時間は変わらないからそんなことしなくてもいいのでは…。と、思ったけど、

5分切れなくて悔しがる彼は、冷静に考えるとあほらしい内容にもかかわらず、

とても爽やかで魅力的に見えた。

あぁ…、もしかしてこれが“男のロマン”ってヤツ(*´∀`*)?

人生何事も勉強だなって思った。


posted by 見学奈緒 at 01:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。